非常勤塾講師の仕事内容は塾によって大きく違いがあります。
特に個別指導と集団指導では、指導内容が違いがあるため、採用する際にも詳しく説明があります。
非常勤塾講師で働いていると、正社員の塾講師が急に体調不良で休んだ時などピンチヒッターで交代することになるため、あらかじめテキストの予習など必要になりますし、空いている時間はテキストを自分で勉強するなど必要になります。
採用時には、その辺もきちんと説明があるので空き時間を使ってテキストの予習は必須なため、色々と勉強することは多いです。
仕事内容はとても充実しているので、14時頃から出勤して帰宅するのは22時過ぎになることもありますが、やりがいある仕事なので生徒が素直に勉強してくれるとグングン成長するのがわかるので楽しいです。
塾によってカリキュラムも違いがあり、特に個別指導は生徒の苦手分野を強化したいなど要望があるため、その辺をしっかりと把握したうえでプランを立てて授業を進めていくことになります。
生徒にわかりやすいように指導したあとで、しっかりと一人で考えさせる時間も準備しておき、じっくり指導することができるので3ヶ月後にはかなり成績アップするのがよくわかります。