私が中学受験の塾に転職したのは4年前のことでした。
元は証券会社で営業を担当しており主任に昇進したところであったのですが、もっと仕事の充実感を根源的なところで感じたいと思って、転職を志しました。
転職先の仕事としての塾の魅力は、大学卒業という資格以外、特別な資格の要らない専門職であるという点です。
思い立ったら、自分の学習経験だけですぐに始められるうえ、集団授業を担当するのであれば生徒たちに囲まれる楽しい仕事場にできるだけではなく、ダイレクトに充実感を味わえることも大きな魅力です。
ただし、楽しいだけでは仕事として不十分ですし、塾とは、「勉強を教える」というサービスを与えるだけで終わりにすることはできない職業です。実際に成績の向上や志望校への合格など、生徒や保護者の方に対して、実績となるサービスを提供できるプロフェッショナルである必要があります。
そのためには、通常の授業の準備をしっかり行うことはもちろんですが、生徒ひとりひとりの成績や得手不得手、授業への反応などに合わせて、授業の内容をリアルタイムに変化させられるひきだしを沢山持っておくことが大切です。
生徒と保護者の方と、塾。人と人が触れ合う現場の仕事においては、自身の前職での経験がとても生きているので、塾とは、営業など様々な人と会う仕事をしてきた人には、お奨めできる仕事であると思います。