中学受験の塾が「辛い」という報道が見受けられますが、実際はやりがいのある仕事です。
私が中学受験の塾に転職して1年になります。

きっかけは時給が良かったからという単純な理由です。
働き始めてみると、研修も丁寧にあり安心しました。

ただ、はじめての集団での授業に戸惑いましたが、塾のフォロー体制もあり初期の不安は取り除かれます。
生徒の点数があがったり、成績が良かったと報告があると嬉しいですし、些細な理由から始めた塾での仕事でしたが、今はやりがいを感じています。
将来は教師を目指しているのですがコミュニケーションが苦手でしたが、塾で働くうちに、生徒との関わり方やマナーなど自分の苦手だった部分が克服することができました。
中学受験の集団指導は、教えることに関しては技術的にも難しいです。集団指導でありながらも一人一人の生徒とも真剣に向き合います。

そうした指導の中から信頼関係が生まれ、生徒がテストの点数があがったと報告があれば、もちろん嬉しく塾講師冥利につきます。
また、それ以上に生徒がもっと向上していくためにどうしたらいいか?と考えるようになり、その思いを伝え生徒に成長を見た時にやりがいを一番感じます。

生徒のためにはもちろんですが、自分自身もともに成長していく、そんな素晴らしい仕事です。